道路サービス総合情報

どうしてもこの会社に入りたかったから転職しました

後輩のアミちゃんが実は美容師免許を持っていると知ったのは彼女が転職してきてから1年以上経ってからだった。彼女は入社当初から取扱い商品についてやたらと詳しかったので、私はてっきり同業他社からの転職だと思い込んでいた。美容商材の卸し業ではなく、まさか商品を使っている側だったとは。アミちゃん曰く、どうしてもこの会社に入りたかったから転職したのだという。

労働関係相談先一覧 | 京都労働局

彼女は私の1歳上だったことと、出身が同じ関西ということで、私たちはすぐに親しくなった。高卒で働き始めてもう7年。すっかり仕事に慣れ、毎日が単調な業務の繰り返しとなり、いつの間にか入社当時のやる気を失っていた私には、後輩の生き生きとした仕事ぶりが良い刺激になった。本当に商品について詳しく、取扱い商品を心から愛しているように感じられたので、私も彼女を見習わないといけないと思わされた。私以外の社内の人にも、アミちゃんの入社は新鮮な風をもたらしたといったところだった。



ところが、実はアミちゃんは商品を愛していたわけではなかったのだ。それまでいた美容室という現場で商品を使い続け、良い点も悪い点も利用者の立場から知り尽くしていただけで、待遇も環境も良いこの会社を愛して転職してきただけで、仕事や商品に思い入れがあるわけではなかったのだ。

Web給与明細について | 派遣・人材派遣会社テンプスタッフ

アミちゃんの転職の事実を知り軽くショックだったのは確かだが、やる気を失っていた私にとっては逆に良い勘違いだったと思う。美容師という職を辞めて転職する程良い会社だと彼女に評価されている会社なのだから、私ももっとありがたくこの会社に勤めさせて頂かなければならない。そんな会社だからこそ、現に私は今でも同じこの会社に居るのだし。