道路サービス総合情報

部分入れ歯だってことは彼には知られたくない

ランチの時、メンバーの1人が歯列矯正経験者だということを知った。矯正自体は終了しているのだが、今でも歯の裏側に銀色の金具が通っていて、定期的に矯正歯科に通っているという。矯正して直した歯並びは、すぐに装置を外すとまた悪い歯並びに戻ってしまうそうで、それを防ぎ綺麗な歯並びを保定するための金具だそうだ。その金具があるために歯の隙間を掃除するデンタルフロスがなかなか通せず、毎日の歯磨きには時間がかかって困ると彼女は笑った。

出っ歯(上顎前突) | 歯列矯正ケーススタディ | 大人のための歯列矯正・歯並び矯正

実は私の歯の中にも、銀色の金具がある。でもそれは、歯列矯正の金具ではなく、部分入れ歯の金属だ。歯列矯正ならまだしも、この年で部分入れ歯だなんて、友達はもちろんだが、誰よりも彼には、絶対に知られたくない。まさに歯列矯正を、子どもの時にしていたら、その部分が部分入れ歯になることもなかったかもしれない。

乳歯と永久歯の名称と生え変わり=歯並びの話=ドクターぷらざWhat's歯列矯正

歯並びが悪く、八重歯のように一部が歯のラインより突き出て、重なり合った部分が虫歯になり、悪化させてしまったのだ。気がついた時にはもう手遅れで、部分入れ歯となってしまった。歯並びが悪いだけでも教養がないと思われそうなのに、部分入れ歯だなんて知られたら、彼にフラれてしまうかもしれない。普通に過ごしている分には誰にも気づかれない入れ歯だから、なんとかバレずに過ごしたい。



バレずにゴールインまでしたとして、その後はどうするか。部分入れ歯は毎日外してお手入れしなければならない。彼が寝るのを待ってから外し洗浄する生活を続けるか、正直にカミングアウトするか。結婚してから部分入れ歯だと知って、彼は怒り出すだろうか。それを理由に離婚されるということはあるだろうか。考えると、気が重い話だ。